入会のご案内

日本国内でワインを製造されている方でしたら、どなたでも当協会に加入できます。
当協会の会員は、北海道から九州まで全国に所在しております。 国内のワイン製造業者の皆様の加入をお待ちしています。

入会のメリット

  • 全国組織の一員としての活動
    • 税制改正、経済連携協定、表示基準に対する要望活動
  • 各種情報のメールによる配信
  • イベント、講習会の費用免除等
    • 当協会主催「ワインMATSURI祭」の出展費用免除
    • 酒類総合研究所との共催「酒類醸造セミナー(ワインコース)」の講習費用の割引

入会の方法

当協会への加入を希望される方は「加入申込書」に必要事項を記載いただき、果実酒製造免許通知書の写を添付して協会事務局へ送付してください。
その後に開催する理事会の手続きを経て加入が決定されます。

 

送付先
〒103-0027
東京都中央区日本橋2-12-7武田新江戸橋ビル2階
日本ワイナリー協会 事務局行き

入会に際しての費用

  1. 入会金
    平成25年9月に廃止しました。
  2. 年会費
    1. 均等割(年会費)5千円
      7月以降の入会者については半額とします。
    2. 数量割
      年間の課税移出数量を基本とし、100キロリットルを超える数量について、次の割合により算出した金額の合計額
      果実酒・・・1キロリットル当たり400円
      シードル・・1キロリットル当たり200円
      上記のとおり、年間の課税移出数量から100キロリットルを控除して上記数量割を計算しますので、100キロリットル未満の会員については数量割の賦課金は課されません。
      また、年の途中に入会された方については、月割計算の方法により算出した金額の合計額とします。