アンジュ(東京都世田谷区桜新町)

店名は安住(あずみ)店主の名前の訓読み。和食出身の安住氏は余計な添加物を加えない国産品にこだわり、生ハムも塩と熟成でつくられる埼玉県のセラーノ工房のものを使う。

自然栽培や無農薬の野菜、産直肉などこだわりの国産素材を使った和食ベースの料理に、80種近くの日本ワインを置くワインカフェ。サザエさんの街・桜新町は比較的口の肥えた大人が多く、2010年5月の開店当初はワインが国産だけと聞くと敬遠する人も多かったが、やがてここで飲んで日本ワインのファンになる常連も増えた。食材もワインも造り手が大事だから、オーナーシェフの安住壮一氏は営業の合間を縫ってはワイナリーを巡り、カウンター越しにワインの背景にある物語をお客に話している。
(情報提供:イカロス出版株式会社/2016年4月更新)

基本情報

所在地 東京都世田谷区桜新町1-30-16 ラ・ブルージュ108
電話 03-6411-6680
アクセス 東急線・桜新町駅(西口)より徒歩7分
営業時間 17:30〜23:00(LO)
休業日 毎週月曜日
ホームページ http://anju-azumi.com/

ギャラリー

日本ワインも最近の若い造り手や小規模ドメーヌのものは自然派に近い造りだと安住氏。グラスは泡1、白3、赤3の日替わり(泡は850円、他は700〜900円)。
桜新町駅から商店街を南下した、桜新町交番の左手。