ひるぜんワイン(有)/ひるぜんワイナリー会員

ひるぜんワイン(有)/ひるぜんワイナリー
蒜山(ひるぜん)高原は岡山県の最北端に位置し、大山隠岐国立公園の中にあります。雄大な蒜山三座や大山を背に、ジャージー牛がのんびり草をはむ牧歌的な雰囲気の高原で、年間260万人の観光客が訪れます。この高原の一角にある川上地区では秋になると野生のヤマブドウが実をつけ、地元では古くから健康に良いと重宝されてきました。
1978年から新たな特産品として、豊富な鉄分とポリフェノールを持つヤマブドウを原料にしたワイン造りが始まりました。自生していたヤマブドウを栽培化し、ワイン製造に取り組んでいます。野生ブドウは栽培が難しく、特にヤマブドウは果皮が厚く種もあり、酸が強く果汁が少ないなど、さまざまな問題点がありますが、独自の工夫でパワフルさと柔らかさを持ったワイン造りを行っています。

~ ワイナリーのご案内 ~

2010年4月、新ワイナリーがオープンしました。ヤマブドウ栽培(自社園2ha)からワイン製造、グラッパ蒸留器など見学いただけます。ショップではワイン等の試飲を行っており、自社製造のジャムやジュースも販売しています。またカフェスペースでは、地元食材にこだわったランチを蒜山高原の景色とともにゆっくりとお楽しみいただけます。ワインを通じて、観光のお客様のみでなく地域振興に寄与できるワイナリーを目指しています。

住所・連絡先

所在地 岡山県真庭市蒜山上福田1205-32
電話 0867-66-4424
ホームページ http://www.hiruzenwine.com/

アクセス

見学・試飲

見学 あり
試飲 あり