北海道

map_hokkaido

(有)フィールドテクノロジー研究室/ばんけい峠のワイナリー (株)八剣山さっぽろ地ワイン研究所/八剣山ワイナリー 北海道ワイン(株)/鶴沼ワイナリー 日本清酒(株)/余市ワイナリー (株)平川ファーム/HIRAKAWA WINERY (株)NIKI Hills ヴィレッジ/NIKI Hills (株)自然農園グループ/ベリーベリーファーム&ワイナリー仁木 北海道蘭越町/松原農園 (有)月浦ワインワイナリー/月浦ワイン醸造所 (株)奥尻ワイナリー/OKUSHIRI WINERY 札幌酒精工業(株)/富岡ワイナリー (株)はこだてわいん/はこだてわいん (合)10R(トアール)/10Rワイナリー (株)宝水ワイナリー/宝水ワイナリー (有)山﨑ワイナリー/YAMAZAKI WINERY 遊農倶楽部ワインパーティー(株)/TAKIZAWA WINERY 富良野市ぶどう果樹研究所/ふらのワイン 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所/十勝ワイン (有)マオイワイナリー/Maoi Winery 北海道中央葡萄酒(株)/千歳ワイナリー さっぽろ藤野ワイナリー(株)/SAPPORO FUJINO WINERY

池田町ブドウ・ブドウ酒研究所/十勝ワイン会員

池田町ブドウ・ブドウ酒研究所/十勝ワイン

1963年にわが国最初の自治体ワイナリーとしてスタート。『ワイン造りはブドウ造りから』の考えのもとで独自のブドウ品種を開発し、北国特有の酸味豊かなブドウで長期熟成タイプのワインを中心に製造。特に辛口・熟成にこだわるワイン造りを信念としています。

(株)奥尻ワイナリー/OKUSHIRI WINERY会員

札幌酒精工業(株)/富岡ワイナリー会員

札幌酒精工業(株)/富岡ワイナリー

1976年からの歴史を持つ富岡ワイナリー。自家農園で収穫されるヨーロッパ産品種のブドウから醸造される銘柄ワインは愛飲者により高い評価をいただいています。温暖な気候・北国特有の長い日照時間・ぶどう熟期の夜と昼との寒暖差、ぶどう生産に必要な三大要因が整っている地域特性が質の良いワインを生み出しています。銘柄:おとべワイン・遊楽部(ユウラップ)ワイン・富岡(トミオカ)ワイン。年間生産本数:25,000本。自社畑の総面積:10ha。畑の標高:80~110m。

さっぽろ藤野ワイナリー(株)/SAPPORO FUJINO WINERY会員

(有)月浦ワインワイナリー/月浦ワイン醸造所会員

(合)10R(トアール)/10Rワイナリー会員

(合)10R(トアール)/10Rワイナリー

2012年、カスタムクラッシュワイナリー(受託醸造所)としてスタート。北海道産の葡萄だけを原料に、高品質のワイン造りを目指しています。カスタムクラッシュは欧米では一般的ですが、日本ではまだなじみが薄いかもしれません。地域のブドウ農家の皆さんが高品質のブドウを栽培し、それを他所にはないワインへと創り上げていくお手伝いをすることを通じて、ワイン産地としての北海道の潜在能力を最大限に引きだすことが私たちの目標です。

日本清酒(株)/余市ワイナリー会員

日本清酒(株)/余市ワイナリー

「余市ワイン」は1974年より余市で収穫した葡萄を余市で仕込み、余市に根づいたワイン造りを心がけてきました。余市の契約農家を大切なパートナーに、葡萄種は耐寒性のあるドイツ系品種を主とし、真面目一筋の“地ワイン”を造っています。余市ワイナリーは2011年にオープン。ギャラリー・アトリエやショップ、レストラン、カフェなど、食とアートが融合した楽しさを、自然に囲まれたロケーションでご提供します。

(株)はこだてわいん/はこだてわいん会員

(株)はこだてわいん/はこだてわいん

はこだてわいんは、日本人の味覚に合う「日本のワイン」を目指し、日本人のライフスタイルを意識した、カジュアルながらも本格的なワインをつくっています。その高度なワイン製造技術は、国産ワインコンクールにおいて「金賞」「部門最高賞」を各2度も受賞するなど高く評価されています。北海道で唯一ISO9001に基づく品質管理体制を構築しているほか、北海道産原料にこだわりを持った商品を展開しており、カジュアルさと品質を両立させたワインを提供しています。

(株)八剣山さっぽろ地ワイン研究所/八剣山ワイナリー会員

(株)八剣山さっぽろ地ワイン研究所/八剣山ワイナリー

八剣山ワイナリーは、風光明媚な名山「八剣山」の南山麓にあります。四季折々のすばらしい自然景観にマッチするおしゃれな醸造所建物やブドウ畑をまわる遊歩道を整備。ワイン造りとエコ環境を丸ごと体験できます。札幌都心から車で30分。定山渓温泉などの観光スポットにも近く、八剣山登山をはじめ、近隣の乗馬クラブやパークゴルフ場で、一日楽しく過ごせます。

(株)平川ファーム/HIRAKAWA WINERY会員

(有)フィールドテクノロジー研究室/ばんけい峠のワイナリー会員

(有)フィールドテクノロジー研究室/ばんけい峠のワイナリー

2001年にオープンした札幌市内初めてのワイナリー。道産のおいしいぶどうや果実をワインに醸造。 ぶどう畑を眺めながらテラスでゆっくりワインと軽食を楽しめます。フランスのワイン文化を北海道でも広めたいと四季おりおりのワインを蔵出し。年末年始のヌーボーワイン、初夏のハスカップワイン、シードロと新ソバ祭り、山ソービニオンの収穫と仕込などです。 地下鉄「円山公園」駅から、ばんけいバスで15分。「峠のワイナリー前」で下車して下さい。

富良野市ぶどう果樹研究所/ふらのワイン会員

富良野市ぶどう果樹研究所/ふらのワイン

1972年に自治体ワイナリーとしてスタート。盆地特有のぶどう栽培に適した気象条件のもと地元原料で醸造し販売するという一貫した体制で運営しています。また、独自交配品種の栽培や、寒さを利用したアイスワインの製造などふらのらしいワインづくりを行っています。定休日:年末年始、毎年9月にワインぶどう祭り(駅前特設会場にて)。

(株)自然農園グループ/ベリーベリーファーム&ワイナリー仁木会員

(株)宝水ワイナリー/宝水ワイナリー会員

(株)宝水ワイナリー/宝水ワイナリー

緯度からいえば、もっと北国でもワインはできる。しかし、積雪2mを超える雪国でのワインづくりはほとんど類をみません。遅い春と早い冬の、それは短い期間に情熱と汗を注ぎ込み、その年のワインになる葡萄を育てる。厳しい自然に耐え抜いた果実を摘み、寒さの中で丹念に醸造する。雪国でのワインづくりは手間も時間も呆れるほどかかりますが、そのぶん岩見沢の風土がしっかりと溶け込んでいます。

北海道中央葡萄酒(株)/千歳ワイナリー会員

北海道中央葡萄酒(株)/千歳ワイナリー

千歳ワイナリーは1988年の創業来、ワイン造り一筋に歩んできました。千歳の特産フルーツであるハスカップ、余市町の契約ブドウ畑で収穫されるケルナーやピノノワールから、冷涼さを感じつつも芳醇で果実味豊かなワインを醸しています。北海道の大切な文化でもある石蔵が目印のワイナリーで、新千歳空港から車で15分、JR千歳駅からは徒歩5分です。営業時間は9~17時(※年末年始および11月~3月の土日祝日は休業)

北海道蘭越町/松原農園会員

北海道蘭越町/松原農園

自家農園産のミュラー・トゥルガウを使用した「松原農園ミュラー・トゥルガウ」を、開園以来21年間発売しております。ニセコ連峰の山麓に広がる、道内における家族経営ブランドの先駆けです。高価格に陥ることなく、手軽にお買い求めできる上質のテーブルワインを目指して、あらゆる場面に対応する日常酒を作り続けています。2014年より自家醸造を開始し、冷蔵庫の収まりがとてもいい「松原農園・ワインボックス」や、地域の休耕田を利用した製品を目指して試作中の「ナイヤガラスパークリングワイン」も好評です。小売店での発売はほぼ町内のみ、ほとんどのワインは全国への通信販売で出荷しています。

北海道ワイン(株)/鶴沼ワイナリー会員

北海道ワイン(株)/鶴沼ワイナリー

北海道空知浦臼町に447haと広大な自社畑「鶴沼」と、余市町を中心に約300軒の契約農家とともに、小樽市の本社醸造所で日本ワインだけを醸造するワイナリーです。スパークリングワインから、遅摘みのデザートワインまで、国内外のコンクールでも評価の高い多様なワインを醸造しています。

(有)マオイワイナリー/Maoi Winery会員

(有)山﨑ワイナリー/YAMAZAKI WINERY会員

遊農倶楽部ワインパーティー(株)/TAKIZAWA WINERY会員

遊農倶楽部ワインパーティー(株)/TAKIZAWA WINERY

「力強い、生命力を感じるワイン。北海道の自然の持つ力を極力引き出すワインづくりを目指しています。」
2004年ワインづくりを志し、原野を開墾してから10年以上の歳月が過ぎ、定植した葡萄の樹もようやく成木らしい姿となり、この地ならではの味わいをつくれるようになってきました。化学肥料はもちろん、農薬、殺虫剤、酸化防止剤等も極力使用せず、発酵もすべて野生酵母のみで行っております。

(株)NIKI Hills ヴィレッジ/NIKI Hills会員